岐阜県立可児高等学校・探究部

岐阜県立可児高等学校・探究部のWebページです。 主に 1)学年で実施される「総合的な…

岐阜県立可児高等学校・探究部

岐阜県立可児高等学校・探究部のWebページです。 主に 1)学年で実施される「総合的な探究」の時間について 2)有志活動である「エンリッチ・コアメンバー」の活動 3)その他のスピンオフ企画 についてお伝えしています。

最近の記事

サステナブルブランド国際会議!

というものがあります。 元々は多分サステイナブルな世の中にするために、 サステイナブルを会社として位置付けてる企業 の国際会議という理解ですが、高校生や大学生の 探究学習等にもコミットしてます。 可児高校も5年前ぐらいからちょくちょく参加させて いただいてます。また、今年も希望者を募って 名古屋大会参加したいなーと思ってます。 で、このnote最近、いろいろな先生にも見ていただいて ると思うので、「全国のナカーマ!」に横展開!と 思って記事を立てました。 (絶賛、体育祭の

    • だーかーら、ペルソナ、頑張れ!

      ということで、アンケート調査の前にしっかりペルソナ分析しようね、って話をまとめておきます。実質双子のGeminiさんにまとめはお願いしてますがw そもそも この記事は「前提になる記事」が二つあるので、 そちらを先に見ていただくことをお勧めします! (特に可児高生には)! ペルソナ分析でアンケート調査をもっと効果的に!アンケート調査って、みんなやったことある?クラスメイトや地域住民に聞いて、どんなことが流行っているのか、どんな課題を抱えているのかを調べるんだ。 でも、た

      • アンケートは何のため?(後編)

        では具体的にどうすればいいか考えましょう。 テキトーに「formsを埋めて作るもの」ではない!のです。 効果のあるアンケートをまず作りましょう。では 双子のGeminiさんに解説お願いしましたのであとよろしく。 高校探究活動におけるアンケート調査:目的と作成手順、内容評価の徹底ガイド1. はじめに 高校探究活動におけるアンケート調査は、ニーズ調査と製品・サービス有効性の評価の2つの目的で活用できます。しかし、昨年度は目的が明確でないまま漫然とアンケート調査を実施するケース

        • アンケートは「何のため」?(前編)

          前書き 「とりあえず」日本人が好きな言葉です。 まずやってみる、講釈を垂れる前に、体を動かせ。 昭和時代はこうやって日本人は乗り切ってきたわけ ですが、、、 昨年、本校の探究が本格的に始動し起きた現象。 それは「アンケート乱発」なのですよね。 みんなアンケートやりたいわけです。 なんで?多分聞いても「なんとなく」だと感じました。 何のために、誰に対して、どのようなアンケート調査 を行うことで「あなたは何を得たいのか?」を 明確にしたいと思います。 ペルソナ分析の思い出

        サステナブルブランド国際会議!

          fbから一掴み・・・

          fbじゃなくて、xからですが・・ 解説はこちらで代替。 可児高生に言いたいのは「泥臭くやれ」ってこと。 綺麗に、無難に、無傷で、カッコ良く行くはずはない ってこと。逆に順調すぎたら「あれ?大丈夫かこれ?」 って思うぐらいがいい気がするけど。あと、火中の栗を拾う じゃないけど「No Risk、High Risk」だと思う、基本的に。 あとはDance with Riskとも思う。リスクの重みを感じつつ、 リスクによる損害の可能性をヘッジしつつ、対策も講じつつ 特攻あるのみ、だ

          先生は「移籍」するもの。

          twitter(旧x)あ、逆だ。 ま、とにかく、そのSNSで、東京芸大の建築科の先生が 神奈川大学に移られたそうな。あんまり知らないけど、 結構こういうことはあります。 学校の種類は違いますが、某都内の有名中学校の 校長先生が退職されて、方針がガラッと変わった・・ というニュースも流れてきてます。 スター先生が頑張ってる、魅力的ですよね。 東北大学、大関真之先生。 筑波大学、落合陽一先生。 玉川大学、小酒井正和先生。 みんな好きな先生ばかりです。 でも、自分が高校生だったら

          先生は「移籍」するもの。

          探究のネタ探し。

          週ごとぐらいに「wtnbのフィルターを通した」 あ、これ使えるかも?!みたいな記事や情報を アップしていこうと思います。 (マガジンにした方がいいんですかね??  全国のnoteマスターの先生、教えてー!!) こちらはfbからですが、多分、佐々木俊尚さんは ご自身のメディアもあると思うので、高校生の皆さんは 自分で探してフォローしてみてはどうでしょう。 独自の視点で面白い切り口で情報を伝えてくださいますよ。 なななんとカインズホームさんでしたね。 なんでこんな製品を開発し

          「起業」❌東海地区高校生

          さて、お友達からこんな情報が。 ということで。 先日は、 でも書いたようにここで産官学の連携の様子をお伝え したところですが、そこで、高校生向けの起業イベント やるって話です。 「興味あるなー」程度でいいと思います。 実際にやるかやらないかは「本当に考えた方が良い」 と思うし、考えてるようだったら「やらない方がいい」 かもしれません。もうやらなきゃ!やりたい!だったら 起業すればいい、それだけのことだと思うので。 ただ、大学生のうちに、起業ってのは結構普通になってる

          「起業」❌東海地区高校生

          高校生のうちに、大学の授業、受けちゃおう!

          探究部渡部です。 結構気になるニュースが多い1日でしたが、 その前に本題。最近、渡部がどハマりしている 東北大学の大関真之先生の授業動画を 見てて思うのは・・・ 「これ、全国の高校生が見たほうが  ええんちゃう?」大関先生、全国の高校生を 愛で満たして、「人生変えちゃってください!」 ってぐらい、熱い先生です。会ったことないけど。 いや会いたいけど。(会う気がする、そのうち。) まずはおすすめ動画から この動画は文系理系関係なく、 ラジオがわりに聞いた方がいいです。 超一

          高校生のうちに、大学の授業、受けちゃおう!

          祝!『GPTs』一般公開、無料で!

          「あの」 安河内哲也先生のブログで 以下の記事が投稿されました。 全高校生必見です!! 祝!GPTs一般公開、無料で!ということで、 こんなの作ってみました。 ノリで作ったんですがね。 イメージはX(旧twitter)のミスターテストステロンさんとか をイメージして(ロールモデルが偏りすぎ!)作りました。 ちょっと試しに、壁打ちしてみました。 実演!! ↓実際触ってもらえればと思います。 とりあえず中身みたい人はこちら(スクショ) 「思考する」・・意外に難しい

          祝!『GPTs』一般公開、無料で!

          前期中間考査後、リサーチクエスチョン相談会に向けて・・・

          「若い人が減り夏祭りの準備が一苦労だ」いや、自分もあまり意識してなかったのだけれども、 夏の風物詩が人口減少で「簡単にはできなくなる」 のだな、と。 年代的に、おそらく・・ 今の社会は十分な人口がある(余剰もあるのだろう) からこそ可能なことが多く、担うべき人が減れば、 それまでその活動に関わってこなかった人たちも 巻き込まないと実現できなくなるのが 人口減少社会なのだと痛感する記事でした。 (つまり、自分達が担うか、「もう止める」 を決めていくことが増える、と言うことで

          前期中間考査後、リサーチクエスチョン相談会に向けて・・・

          ふと、記事を読んで思うことから探究ネタ。

          いや、瓢箪から駒、って言うんですよね。 そう言うのを、社会ではw 昨日OYWJ渋谷コーカスのイベントから帰る新幹線上で、国語科の先生たちのZoomイベントに参加してました。 「探究でGPT使わせる」って話を国立大学の先生がおっしゃってて勇気もらえたんですかねー、朝から見たこの記事からGPTを使った妄想探究活動をしてました。 例に挙げる記事はこちら いや、新生爆発か?!についてツッコミが入れたくなって。 爆発て一瞬ですやん。 でも、「星の爆発」なんて、 僕ら一生生きてる

          ふと、記事を読んで思うことから探究ネタ。

          意中の大学の取り組みを調べよう

          本校、大学進学希望をする生徒が多いので 「大学、どこ行きたい?」と聞けば 「岐阜県、ならば、岐阜大学」 になるわけです。(地元ですから!) あえてそこは「名古屋大」と言わないで おきたいと思います。 (事務局は一体化。 学生も愛知出身が  多いそうです。) 今日の話は、名古屋大学に行きたい人は 「岐阜大学ってそうなんだー。 じゃあ名古屋大学⚪︎⚪︎学部は どんなことしてるんだろう?」と 調べるネタにしてみてください。 と、言ったものの。 正直、岐阜の高校生に 「岐阜大学

          意中の大学の取り組みを調べよう

          Meet Up Chubuに参加してきました!

          探究部・渡部です。 昨年度参加したアントレプレナーシップ講座で知り合った丹治さん とのつながりから、岐阜大学グローカル推進機構様をご紹介いただき、 今回の参加に至りました。 https://www.chubu.meti.go.jp/b35innovation/meetupchubu/index.html 中部経済産業局様のイベントということで、名古屋市にある ナディアパーク4階にあるイノベーターズガレージさんで実施でした。 探究の仕事をしてると、こういう教員ではあまり来な

          Meet Up Chubuに参加してきました!

          可児高・探究部 農業体験講

          4月26日、可児高校裏⛰️を所有されている 若尾さん、そしてJAめぐみの様のご協力で継続する 「農業体験」も第4シーズンに突入します。 4月に芋類、とうもろこし、そして地域の特産である 里いもを植え、適宜、追加作付けを行い、夏から秋、 そして里いもの10〜12月収穫との流れで実施サイクルが 固まってきた、そんな可児高校の農業体験です。 ものづくりのまち可児ではありますがこの学校ができた ころはまだまだ田園風景の広がる農村部だったそうです。 それが瞬く間に、住宅開発、工場誘

          可児高・探究部 農業体験講

          自立持続可能性自治体とは?

          今朝は、可児高校、社会見学で皆さん、それぞれの場所に 研修に出かけておられます さて、今朝、隣の「美濃加茂市」の市長さんがこんなコメント挙げておられました。 ちなみにどの新聞も一面にあげてましたね。 ただ新聞読んで気づいたのはこれ、 政府系とかの発表じゃないんですね。 それはさておきストーリー的には 人口減少によって、地方がどんどん縮小し、 最終的に・・消滅可能地域になるという よく聞く話題です。 日本の教育でこれだけ地域探究に力を 入れるのも、この影響は少なからずあ

          自立持続可能性自治体とは?